飲食店という職種の業務

世の中、色々な仕事があります。

存在するたくさんの職種には、それぞれの業務がありますね。

今回は、数ある職種のなかでも、飲食店のお話をします。

飲食店では、主に、店長、チーフ(統括として指揮をとる人)、リーダーなどが存在しますよね。

1つの飲食店の中で、これだけの職位があるので、このすべての職位の人が各自の業務をしっかりと行った上、連携をとっていかなければなりません。

例えば、店長がしっかりと責任が生じる事には取り組む。

エリアマネージャーやSVなど、本社の幹部クラスの社員さんとうまく連携をとっていく。

また、店内の雰囲気作りも大切ですね。

店内と店員が仲の悪い飲食店なんて、うまくいきません。

仲良くしていれば、自然とみんなのモチベーションが上がり、いい雰囲気のお店になるのです。

チーフは、その日のキッチンの状況に応じて、みんなに指示を的確に出さなければなりません。

反感をかっても、納得のいくこたえが出せるように、いつでも筋のとおった配役をしていきましょう。

ここで大事なのがリーダー。

フロア(ホール)をまわすのがリーダーです。

名前はお店によって違うでしょう。

お客様の満ち引きをうまく見計らって休憩を回し、キッチンに迷惑がかからないようにします。

このように、飲食店ひとつとっても、色々な業務があるのです。